気象予報士の収入と将来

気象予報士の収入

民間の気象会社に就職をし、30歳くらいになると、年収400〜500万円くらいと言われています。この数字だけでみると、他の国家資格に比べると少々少ないと感じる方もいるとは思いますが、努力次第ではこれ以上の年収を得ることも可能になります。そのため、実際に年収が1000万円以上ある方も存在します。


気象予報士の将来

予報業務を行う企業、農業・漁業、イベント業、建設業など、気象条件により大きく影響を受ける産業はたくさんあります。そのため、気象情報に対するニーズが今後、減少することは考えにくく、反対に高まっていくと考えられます。そのため、気象予報士のニーズも高くなっていくのではないでしょうか。

また、最近ささやかれている地球温暖化の問題など、より気象に関しての関心は高まる一方です。そういった面でも今後も将来的に高まっていくのではないでしょうか。



引き出物の最近の決め方

目出度い結婚式の披露宴は、誰でもキレイに着飾りそして、新しい人生を祝う門出として多くの人が出席します。式に出る際に、お祝い金を渡す際に貰えるのが引き出物です。

この引き出物を決め方にも、最近はいろいろとあるようです。そう、一昔前までは重さや大きさといった物の見栄みたいなものがありました。

最近は、電車で来た人たちのことを思い、心遣いを持った決め方があります。なるべく重たい荷物で持ち帰らないように、カタログの引き出物にしているところが多いのです。

実際に、カタログにすれば、軽いし、また自分の好きなものを後から頼めるので便利です。こういう心遣いはありがたいです。