気象予報士試験の学科試験について

学科試験

「予報業務に関する一般知識」と「予報業務に関する専門知識」が出題され、どちらも問題数は15問ずつ。
問題の形式は5者択一のマークシート方式。試験時間は各60分となります。

予報業務に関する一般知識 予報業務に関する専門知識
(1) 大気の構造 観測の成果の利用
(2) 大気の熱力学 数値予報
(3) 降水過程 短期予報・中期予報
(4) 大気における放射 長期予報
(5) 大気の力学 局地予報
(6) 気象現象 短時間予報
(7) 気候の変動 気象災害
(8) 気象業務法その他の気象業務に関する法規 予想の精度の評価
(9) 気象の予想の応用


別の診療科に転職する医師

資格を取得していれば複数の診療科を扱う事ができる医師は、場合によっては別の診療科に転職する事もあります。

専門医や認定医を取得している人は転職し分野が変わってしまうと活かす事ができなくなってしまうという事が考えられます。

しかし、医師としてかなりキャリアが長い人は他の診療科に転職すると、今まで積んできたキャリアが完全に活かせないという事ではありません。また、医師として新たな分野に関して勉強し直さないといけない部分もあります。しかし、基本的には共通している部分もありますので、もちろん活かせる部分もあります。

この様に、自分の希望をかなえるために専門とする診療科を変更する人もいます。