気象予報士試験の一部免除制度について

試験の一部免除制度

気象予報士試験には、一部免除される制度があります。それは学科試験で、予報業務に関する一般知識と専門知識のいずれかが、合格点を満たしていたにも関わらず、合格できなかった場合において、申請により合格発表日から一年以内に行われる当該学科試験が免除されるということになります。

気象業務に関する業務経歴や資格を持つ者は、以下の項目に該当すれば一部または全部免除が受けられます。

条件 免除内容
気象庁・防衛省で予報業務・観測業務に7年以上従事した者 学科試験の一部または全部
気象庁・防衛省で3年以上の予報・観測の業務経歴があり、気象庁長官の定める養成課程を修了した者 学科試験の一部または全部
気象庁長官の許可を受けて予報を行っている民間会社である予報業務許可事業者において「主たる予報者」として3年以上従事し、気象事業者上級職員特別講習を修了した者 学科試験の全部
応用理学部門の登録を受けた技術士であり、予報業務に3年以上従事した経歴を有する者 学科試験の全部


新居にふさわしいカーテンといえばオーダーカーテンです。

思い通りの設計で建築したマイホームには、やはり好みのインテリアをそろえたいものです。中でも一番部屋の印象を決めるのはカーテンでしょう。

カーテンにこだわって手作りをする人もいますが、それは殆ど少数派です。今では、建築した工務店やハウスメーカーにインテリアコーディネーターが入るケースが増えているからです。

プロの目で、各部屋にふさわしいオーダーカーテンを提案してくれるので、じっくりと相談することをお勧めします。

またホームセンターなどでもオーダーカーテンを頼む事ができますので、家の様子を携帯で撮影するなどして担当者と打ち合わせましょう。特に、長い時間を過ごす事になるリビングルームなどは、置かれている家具とのマッチングにも注意が必要です。