気象予報士試験の実技試験について

実技試験

主たるテーマに沿って、予報作業で使われる観測・解析・予想に関連する資料から文章で答えるものが主として主題されます。
試験は第1部と第2部に分かれており、問題の形式はそれぞれ記述式。試験時間は各1時間15分となります。

実技試験の試験範囲
(1)気象概況及びその変動の把握
(2)局地的な気象の予想
(3)台風等緊急時における対応

気象予報士試験において、学科試験は実務試験を受ける上で必ず合格しておかなければなりません。学科試験に合格していない場合は実技試験が採点されません。



発音を学ぶなら、英会話スクールに行きましょう。

発音を学ぶなら、英会話スクールに行きましょう。

外国人のいる英会話スクールでは、正しい発音を学ぶことができます。単語を覚えるのではなく、使えるフレーズを覚えることができます。

通信教育は多くを学べません。直接、発音を学ぶわけではないからです。 お金を出すなら、外国人のいる英会話スクールに通いましょう。

映画を見るとは、なるべく字幕なしで見ると良いです。聞き流す感じで良いので、毎日のように英語を聞く必要があります。英語を聞き取る力がないと、話せるようになりません。なので、英語は常に聞き流します。

発音は動画で覚えるのが基本です。