気象予報士のよくある質問

お天気キャスタ−に気象予報士の資格は必要ですか?

必ず必要というわけではありません。なぜなら、気象庁が発表した予報や気象庁長官より予報業務許可事業者として、許可を得た気象会社が作成した予報を読み上げ、解説するだけならば、気象予報士の資格は必要ないからです。しかし、あまりどのテレビ局も資格を持たないものをお天気キャスターと配置しているのは少ないといえるでしょう。


気象予報士の資格には、有効期間があるのですか?

気象予報士として、一度登録を済ませると、自分の意思で自ら取り消しでも行わない限りは、常に有効となります。


気象会社に就職せず、自分で天気予報を出すことはできますか?

仕事の一つして、天気予報を業務として行うのであれば、気象庁長官の許可を得なければなりません。勝手に行うことはかまいませんが、それを仕事として行うには、必ず許可を得ましょう。許可を得て、予報業務許可事業者であることが認められれば、自分で天気予報を出すことが可能になります。



債務整理を司法書士に相談

債務整理にあたって、毎日の生活を節約したり、収入を増やす努力を心がけていても、それでも債務整理ができないという場合に、誰か法律とお金の専門家に相談をしたいなあ、ということはないでしょうか。

具体的には、司法書士などの専門家に相談や依頼をする方が安心です。

ただし、司法書士では法律で規定されている債務整理の範囲が限られていますので、多額の借金の場合は、弁護士に最初から依頼をされる方が良いことも多いです。

もし、債務整理を真剣に考えて、実行する気持ちがあるのであれば、ということになります。その辺にいる人をつかまえて、保証人の印鑑を押させればよい、というものではないので注意が必要です。